クレンジングについて 短時間で終わらせるのが鉄則

クレンジング剤をつけて肌をマッサージしながら、

時間をかけてメイク落としをしていませんか?

クレンジングの目的はメイクを落とすことです。

クレンジング剤は刺激が強いです。

長く肌にとどめていると皮脂を取り過ぎてしまいます。

乾燥や肌荒れ、小じわやシミなどの原因にもなります。

クレンジングはなるべく短時間で終わらせることを心がけましょう。

肌全体にクレンジング剤をつけたらさっと肌表面に馴染ませます。

メイクを浮かせるイメージで優しく指を滑らせてください。

ただし、界面活性剤作用や乳化作用が強いものが多く、

肌の乾燥や、肌に残っている酸化を招く要因にもなるので注意が必要。

肌の負担が少ないクリームやジェルタイプのクレンジング剤の方がおすすめです。

クレンジングの後は洗顔をしましょう

クレンジング後、洗顔をしっかり行ないましょう。

クレンジング剤やメイクが肌に残ってしまい、

それが原因で酸化や肌荒れなどのトラブルにつながります。

「クレンジングと洗顔」できっちりと1日の汚れを落とすことを徹底してください。

メイク落とさずに寝てしまうのは言語道断。メイクは落としましょう。

ポイントメイク用のクレンジング剤は刺激が強いので使わない

ウォータープルーフタイプのマスカラやアイライナーなどを落とすポイントメイク落としは、洗浄力も強いので使用にも注意が必要です。

アイメイクをきちんと落とさないと、

メイク残りが原因で結膜炎などの目の疾患を引き起こす場合もあります。

ポイントメイク落としも、短時間で済ませましょう。

クレンジング剤を使わずに洗顔料で済ませるのはNG

クレンジング剤は使わずに洗顔料だけで済ませてしまうのも基本的にはNGです。

ファンデーションや口紅などは、クレンジング剤で落とすのがベストです。

ただ、ココナッツオイルなどを原料とした洗顔料の中には、洗浄力が強く、

メイクも落ちるものもあります。

クレンジング剤や洗顔料の役割を理解して、適切なメイク落としを行いましょう。

クレンジング剤はぬるま湯で

クレンジング剤を流したり洗顔を行うときは、人肌程度のぬるま湯で行うこと。

暑すぎるお湯は必要な皮脂まで取り去ってしまい、乾燥してしまいます。

夏と冬では皮脂の分泌量が違います。

乾燥する冬は特に洗いすぎやこすりすぎに気をつけて、

角質層をダメージから守りましょう。

まとめ

クレンジングのやり過ぎは肌を傷めるもとです。

クレンジングでの皮膚トラブルはとても多いそうですよ。

普通の石鹸などでは落としにくいメイクの汚れを落とすのですから

クレンジングの洗浄力はかなり強いものです。

こすらず、優しく、短時間で行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする